幸せホルモン「オキシトシン」

近年、研究が進んできている「私たちの幸せに関するホルモン」に【オキシトシン】というものがあります。テレビなどでも度々紹介されているので、聞き覚えのある方もいらっしゃるかと思います。
古くから、出産や子育てに関連しているホルモンとして知られていたオキシトシンには、たくさんの異名がありまDSC05980す。
「幸せホルモン」
「愛情ホルモン」
「恋愛ホルモン」
「癒しホルモン」
「絆ホルモン」
「信頼ホルモン」…等々
異名だけでも幸せになれそうなオキシトシン。分泌されると
・幸せな気分になる
・脳、心が癒されてストレスが緩和する
・不安や恐怖心が減少し、信頼の気持ちが増す
・社交的になり人との関りの気持ちと好奇心が強まる
・学習意欲と記憶力の向上
・感染症予防
等の効果があるのだそうです。

自分で増やせる「オキシトシン」

オキシトシンは脳で分泌されるホルモンですが、なんと日常の行為によっても増やすことができるのだそうです。どんな行為でどのくらいオキシトシンの分泌が増やせるのか先日、オキシトシンについて取り上げていたテレビ番組でも被験者の方が、見つめ合ったり抱擁したり、好きなもの・心トキメクものを見聞きしたりマッサージしたりして、オキシトシンの分泌の違いを検証していました。
このなかで、オキシトシンの分泌に効果があると紹介されていたものの中に「アロマをかぐ」がありました。

DSC05659

「アロマをかぐ」=「オキシトシンが増える」

番組では、被験者の方がアロマディフューザーである精油の香りを取り込んでいました。
「あ~、いい匂~い♡」そう言っていた女性被験者の方のオキシトシン値は20%以上も上昇していましたよ。
香りの分子は鼻から入って脳の本能を司る部分に0.2秒で到達します。「いい匂い」と認識した時にはもう、私たちの心と体に影響を与えているのです。
香りをかぐことに特別な技術や技能は要りません。「良い香り」だと感じる香りを深呼吸しながら感じていれば良いのです。

アロマヒーリングは幸せホルモン増産タイムです

アロマヒーリングは14種類のアロマの中から、その日良く感じられた香りを3つ選んで取り入れていっていただきます。これだけで、オキシトシンの分泌が増えているという事になりますね。幸せホルモン増産タイムです。
そんなアロマヒーリングの無料配信7つのlessonの2回目が9月7日に配信になります。登録して頂いたメールアドレスに届くようになっていますので、是非登録して7つのlessonを手に入れて下さい。

アロマヒーリングの無料配信登録はこちら

DSC03215

アロマを取り入れて幸せになりましょう

お問い合わせはこちらまで