「毒」という名の「ストレス」

アロマヒーリングのセラピーでは「毒出し」と呼ばれる工程があります。

「毒」を「出す」
どこから「毒」を「出す」のか、何処にある「毒」を「出す」のか、というと、「心」です。いつの間にか「心」に溜まってしまった「毒」をアロマの力を使って出せるようにするのです。
「毒」と聞くとその単語のイメージにびっくりして、「ないですよぉ」と言われる方もいらっしゃいますが、「毒」は誰の心にもあるのです。その「毒」は「処理しきれなかったストレス」です。

DSC02872 (2)

生きていれば発生する「ストレス」

日々の暮らしの中で、ちょっとした「嫌だな」と思うことが、誰にでもあります。でもそれがちょっとしたことであればあるほど、毎日繰り返されれば繰り返されるほど、気にしていたらやってられないと思うし、慣れなくちゃと思って受け入れてしまう。大人なら皆そうですよね。子どもだって周囲のお友達や先生、そして親の反応を見たりします。自分はAが良いって思ったのに、お友達や先生はBが良いよって、お父さんもお母さんもBが良いよっていうから、Aが良いって言いだせなかった。というような経験を大なり小なり、皆さんお持ちでしょう。
そんな風にひっそりと飲み込んで溜まってしまったストレスが実は誰にでも「ある」ということを知ることが、まず大事です。
そんな忘れそうな日常の小さな「嫌」ですら溜まっていくと自然とも物事が上手く進まなくなります。嬉しくない同じような事が何度も起こるようになってきます。

DSC01282

我慢ばかりしていると「我慢しなければならない状況」ばかりやってくる、ということです

今まで表には出さずに来た気持ちですから、上手く出せなくて当然です。我慢し慣れている人ほど「ストレスありませ~ん」なんて言ったりします。皆が平気そうなことを「嫌」なんて、自分の努力が足りないのだと受け取ったり、皆も我慢してると知れば自分だけそんなワガママはできない、なんて思ったり、日常の生活の中では自覚なく我慢を強いられてる事がとても多いのです。そんな状況で生きて来ている私たちは、「これがイヤ」が言いにくい人間になってしまっています。

アロマヒーリングでは14種類の天然のアロマオイルを使います。天然のアロマの成分は、鼻から入って脳の深い部分にあっという間に到達し(0.2秒)脳を癒していきます。天然の香りの成分は脳の栄養になるのです。
天然のアロマを脳のサプリメントのように使うことで、ストレスを抱え込まない力がつくようになるのです。

アロマの力で引き寄せるのは「幸せ」

アロマヒーリングを上手く使うコツは、セラピスト講座を受けられた後、セラピーに入っていただくことです。そうしてセラピーを重ねる程、涙あり、笑いあり、スッキリした気分になって良い事がどんどん起こっていくようになります。

DSC04099お問い合わせはこちらまで