緑が濃くなりつつある季節です。

実家のある長野県(伊那地方)も、6月に入り更に日差しが強くなってきたようです。
今年は桜も早かったように、他の花々の開花も早いようで、まだ早いかなと思っていたラベンダーもちょうどよく摘み取ることが出来ました。

昨年、初めて摘んだ「濃紫3号」ですが、干してみた結果、その前年に摘んだ「グロッソ」よりも発色がとても良く、香りも好みだったため、今年は「濃紫3号」狙いで「池田町ハーブセンター」にお邪魔しました。
天気予報は雨(降水確率は80%)だったにも関わらず、当日は曇りで雨に降られることなく、強い日差しにさらされることなく、快適な状況でラベンダーを摘むことが出来ました。「晴れ女」とまでは言いませんが、私が「行く」と決めた屋外イベントは、少なくてもここ数年、天気予報が雨で降水確率が高くても雨が降ったことはありません。(屋外での用事が全て終わって車に乗り込んだ後、ザーっと降り出してくることはあります。)これも日頃の修練で望む状況を引き寄せられていることかなと思います。

DSC02582

緑が豊かな長野県内にあるカフェは、テラス席を設けているところもよくあります。この日に立ち寄ったカフェにもテラス席がありました。少し気温が低く感じられたので屋内のテーブルにしましたが、窓が広いカフェでしたので、外の緑がとてもきれい見えていました。夏にいらっしゃる方はテラス席がおススメです。

安曇野カフェ

川遊びも楽しいのです

気温や日差しはとても暑く感じられますが、川の水はまだまだ冷たいです。
中央アルプスと南アルプスに挟まれた地域は標高が高く、山からの水もとても冷たく感じられます。
天気がとても良く暑い日に、甥や姪と近くの川に行ってみました。サンダルを脱いで足を少し川に入れてみたのですが、氷入りの水かのように冷たかったでです。
それでも子供たちには気にならないようでズンズンと川に入っていき、いつの間にやら全身ずぶ濡れ状態で遊んでいました。子どもは本当に元気ですね。

DSC02492

暑くなってくると美味しいものに「かき氷」がありますね。「削り氷(けずりひ)」という名前のかき氷がとてもおいしいのですが、少し珍しい味を見つけました。
「ナガノパープル」という長野県でしか栽培されていない種類のブドウ(巨峰のような色合いの葡萄です)の味と、「トマト」です。小3の姪とチャレンジしてみたのですが、どちらもとても美味しかったです。特に姪は「トマト」がお気に入りになったようで、「次もこれがいい♪」とのことでした。

今年の夏は暑いそうです。
のんびり涼みに長野にいらしてはいかがでしょうか?

2017美ケ原の空