「心のケア」ができていると

今、「自分のパフォーマンスを最高に発揮」していますか?
そう聞かれて迷いなく「はい」と言える方は少ないのではないでしょうか?
「はい」と言えなかったり、答えることに躊躇してしまった方は、自覚のある・なしに関わらず、ストレスがいっぱいだと言えます。

「自分のパフォーマンスを最高に発揮」できているか問われると、ついつい他人と比較してしまう事もあります。職場であれば「自分より仕事ができるorできない同僚」と。会社の同期であれば「出世や待遇」を。女性は同級生であれば「結婚している・していない・別れた」。お子さんをお持ちのお母さんであれば「お子さんの成長具合」などもついつい比較しがちですよね。その上で、自分がどの辺りにいるのか、上手くやれているのかいないのか、マシな方なのかどうか判断されるかと思います。

けれど「自分のパフォーマンスを最高に発揮」できているかどうかの判断に他人は関係ありません。基準を他人・他者に求めるのは疲労とストレスの元です。自分以外の誰かと比べて「出来ている・出来ていない」とジャッジを下さず、自分基準で「自分のパフォーマンスを最高に発揮」できているかどうか、そして自分のパフォーマンスを最高に発揮できるように心のケアをして行きたいですね。

樹木諏訪

「心のケア」とは

現在、ヒカリノモトから皆様にご提供していますアロマヒーリングの考案者で、一般社団法人セラピスト協会の代表理事の菊地スミエ先生は「心のケア」についてこのように発信されています。

 私自身が考える「心のケア」とは「自分のパフォーマンスを最高に発揮し続ける為の準備」です。メンタルヘルスや自己能力UP(心の成長)と言った方が近いと感じています。心のケアをしっかりしている方は、人生を楽しく豊かに過ごしてる人が多いです。

実は心のケアをするという事は、自らの人生をより良く生きてゆく為の訓練です。ただ「心のケア」と聞くと どうしても「心の病」などと誰もがイメージしてしまいがちです。その為に「心のケア」をして行く必要があると伝えるにはとてもハードルが高いのが日本の現状です。

それでも「心のケア」をする事の重要性は変わりありません。それどころかストレスチェックも義務化された日本では、更にしっかりと対策が必要な所です。

 

心のケアの方法の一つがアロマヒーリングです。脳の深い部分に天然の植物から抽出された香りの力を直接届け、ストレスを解消(発散ではありません)して「自分のパフォーマンスを最高に発揮」できるようになると、人生は楽しくなりますよ。

DSC08013 (2)アロマヒーリングのセラピー、セラピスト講座についてのお問い合わせはこちらまで