四柱推命でわかること

生年月日と生まれた時間で見る四柱推命は、自分の様々な事がわかりますが、具体的にはこのような事がわかります。
☆両親との縁
☆生まれ持った体質・体格・性格
☆かかり易い病気など、健康上の問題
☆起こり易いトラブル・アクシデント
☆適正・適職
☆芸術的センス・文才・お金に関するセンスの有無
☆金運
☆ロマンス・社交性・人気運
☆人間関係
☆出会いの時期
☆配偶者のタイプ
☆子どもとの縁
☆一生の中のエネルギーの変化
couple-1343944_640
こうした事柄を客観的に見ることができると、自分では上手くできても特別感もなく普通だと思っていたことや、上手くできなくてイヤな思いをしてきたことも、ただの適正の問題だとわかると、受け止め方も変わってきます。向いていることの方が、才能を伸ばしやすいのもです。
働き方としても、独立した方が良いエネルギーをお持ちの人でいつかは独立してお仕事をしたいとお考えの方は、独立できるように準備や勉強を進めることができます。

「いつ」が「その時」かもわかります。

四柱推命では、命式を出した後「大運」と呼ばれる10年毎の運気の流れを表すリストを制作します。
その10年も十干十二支の組み合わせにより、何の五行エネルギーが影響する10年かがわかり、これは人によって違います。
この大運で、生まれ持った体質からくるような病気が発症しやすい時期を推測することができたり、アクシデントが起こり易い時期がわかったりします。健康にはいつでも気を使いたいですが、発症しやすいものと時期がわかっていれば、あれもこれもと、いつでも心配していなくてもよくなりますし、それに特化した健康法など、事前の対策もできますね。

幸運は実は近くに…

幸運は実は近くに…

これだけわかると、人生の地図や設計図のようです。子どもの頃にやった「クツを飛ばして明日の天気を…」という「占い」とは違うとわかると思います。(あれはあれで「卜」という占術の仲間と言えない事も無いですけど。)
そして、これは振り回されるためにある訳ではありませんし、人生を諦めるためにある訳でもありません。より良い人生を生きるためです。悪い時期があるなら悪影響は最小限に抑えやり過ごし、やがて来る良い時期に備えることができます。
自分自身を知る、とはむやみやたらに自分を卑下してみたりすることではありません。ほめ過ぎなくらいがちょうどいい、という人は少なくないようです。
girl-in-garden-1391274_640