どんな香りが好きですか?

「好きな香り」というのは、皆さんそれぞれあるかと思います。「淹れたてのコーヒーの香り」とか「花の香り」とか「イチゴの香り」のようなものもあれば、「春の日向の土の匂い」とか「天日干ししたタオルの匂い」みたいな表現をされるものもありますね。それぞれハッキリと「香り」や「匂い」として共感できるものもあれば、私たちの鼻は無味無臭なはずの「水」の匂いまで感じることもあります。

rose-616013_640

香りを感じる力は実はとても重要です

「匂い・香りのもと」は空気中に漂っている目に見えないほどの小さな揮発性の分子です。それが鼻から入り、脳の嗅覚野に達すると「匂い・香り」として識別されます。「匂い・香りの分子」は約40万種類あるといわれているそうですが、人間の嗅細胞がキャッチできるのはその中の3千から1万種類だけなのだそうです。そのため、人間には感じる事が出来ない「匂い・香り」があります。代表的なものは都市ガスです。都市ガスなどはヒトの嗅細胞が感知しない揮発性分子なのでガス漏れなどの際に気付けるように、異臭と感じる匂い物質を人工的に加えてあります。

この「匂い・香り」を感じて認識する部分は脳の中でも「大脳辺縁系」という「古い脳」と呼ばれる場所です。ここは呼吸や心臓の動きなどのコントロールをしたり、食欲・性欲・睡眠欲・情動・好き嫌い(快・不快)など、いわゆる感じる脳です。この部分に香りの刺激は0.2秒以下で届きます。この速さは歯痛などに比べてもとても速いものです。(歯痛や体の深部の痛みが伝わる早さは0.9秒か、それ以上です)
香りの刺激が脳に届くと、脳は血流を増し活性化します。それによって自律神経系・ホルモン系・免疫系の調整がされ、認知機能の向上と感情・情動行動が調整されることがわかっています。

アロマヒーリングは受けやすいストレスに気付き、跳ね除ける方法をも見つけます

香りの力で脳が活性化されると心もあるべき落ち着きを取り戻してきます。どんな香り「好き」や「心地好い」と感じるかは、その時・人それぞれです。
アロマヒーリングでは、14種類の香りの中から「好きな香り・心地好い香り」を3つ選んでいただきます。この時「好き」と感じる香りは脳と心が「必要」としている「栄養」です。日常では意識しないストレスや想いがどのようなものかを知る事が出来ます。私たちは「今の自分自身がどのような状況なのか」を気付くことが心の整理をすることに繋がり、いち早く悩みなどの改善・解消の一歩にもつながります。

beauty-355157_640