期待と不安がいっぱいです

テレビのニュースなどでは日々、卒園や卒業を取り上げたものを目にする季節です。義務教育の範囲では卒業は寂しくはあってもその先の不安や心配はあまりありませんでした。むしろ新しい環境が楽しみでした。
しかし、進学や就職などで住む地域が変わるようなとき、楽しみの隣には不安もありました。一生懸命考えて、見学もして、家族や先生や友達とも相談して決めた進路は、本当にこれで良かったのだろうか?私が知らなかった、気付かなかっただけで本当はもっと自分に向いている何かがあったのではないだろうか、なんだかもう二度と戻れない道を踏み出すような気持ちでしたね。皆さんはいかがでしたか?

plant-1300811_640

人生の設計図、実は持ってます。

以前読んだ本では「人は生まれてくる前にどんな人生を歩むか決めてから産まれてくる」というのがありました。細かく決めてくるか、大まかに決めてくるかは人それぞれだそうですが、お母さんのお腹から出てくるときには、その計画は忘れてしまうのだそうです。覚えていてくれれば迷った時にどうしたら良いか分かり易そうなものですが、「忘れているからこそ」というところがあるらしく、生まれてくる前の人生の計画は知る事ができません。(退行催眠などで分かってしまった人はみんな、催眠が解ける前にそれを忘れさせてほしいと希望するのだとか)

その代わり、私たちは生年月日や手相などで自分の持って生まれた性質・性格・才能・健康状態などを知る事が出来ます。
生年月日時は努力しても変えることはできません。生まれてきた時代や国や地域、親や性別は変えようがない事実です。努力で変えられない物の中には、その人の才能や可能性の種もいっぱいあります。知らず知らずのうちにその中の何かを選び取り育ててきたり、育てやすいものは排除して困難なものに挑戦してみたり、人の生き方は様々です。
手相では持って生まれたもの、今までとこれからの生き方が手のひらに刻まれているのが解ります。

人生の設計図は地図みたいなタイプの人も

人生の設計図は地図みたいなタイプの人も

各種占術とアロマヒーリングの使い方

大人になっても、不安や心配が先に立って「何もできない」人も少なくありません。そしてその「何もできない」ことで「私には何もない」と希望を持てなかったり「あの時ああしていれば…」などと後悔ばかりな人もいらっしゃいます。
失敗するのは怖いけれど、自分の持って生まれた才能や向いていることが解れば、チャレンジは恐れるものではありません。また、そのチャレンジを支えていくのが「アロマヒーリング」です。
どんな人生を歩むかは人それぞれです。どんな人生でも、本当はどうなりたいか、どうしていく事が自分の幸せなのか、香りの力が支えてくれます。

ガーベラの花言葉は「希望」「常に前進」

ガーベラの花言葉は「希望」「常に前進」

四柱推命などの生年月日時を使った占術や手相で自分の性質や性格・才能・運気の流れなどを知り人生を設計し、目標に向かう日々のストレスや不安のお掃除にはアロマヒーリングです。