鬼は外、福は内。

赤鬼

こんな鬼なら怖くない…?

2月3日は節分ですね。皆さんのお家では豆まきしますか?私の家では子供の頃にやったくらいで、その後、就職で一人暮らしをしていた時も結婚後もやったことはありません。テレビのニュースでは、一足早く保育園などで行われた豆まきの様子が流されていました。園児が自分たちで折ったと思われる紙の箱に炒った大豆を入れてもらい、「自分の心の中にいる『泣き虫鬼』、『弱虫鬼』、『意地悪鬼』を追い出すように豆を投げます。」という先生のレクチャーのあと、何回か豆を投げるしぐさをするとドンドンと大きな太鼓の音がして赤鬼と青鬼が登場。逃げ回る子や泣いて動けない子、泣きながらでも鬼に豆をぶつけに行く子、鬼に殴り掛かりに行く子など、いろんなタイプがあるのだなぁと微笑ましく思えるニュースでした。昨年、年長さんだった姪は鬼を見て泣いた年少さんの弟に「豆があるから大丈夫だからね」と言って励ましていたのが思い出されます。今年はどうでしょうね。

季節の変わり目の体調不良は「邪」の仕業…?

ilex-248970_640

葉が尖っている柊も魔よけだそうです

本来「節分」は、「季節を分ける」という意味で、立春、立夏、立秋、立冬の前日にあたり、年に4回ありました。季節の変わり目には鬼(邪気)が出るとされていました。今でも季節の変わり目には風邪をひくなど体調を崩す人がいるように、昔もそうだったのでしょうね。風邪も「ふうじゃ」と書きますから邪気の一つです。
旧暦では春が1年の始まりと考えられていたため、節分といえば春の節分を指すようになったそうです。
立春が新年ならその前日の節分は大晦日です。季節だけでなく年も変わる訳ですから、鬼も特別なものが出てきそうですね。魔(ま)を滅(め)っするというところから「豆」が用いられるのだそうですが、このとき、大豆は炒ったものを使います。炒る理由としては、拾い忘れた豆から芽が出てしまうと、魔よけの効果が無くなってしまうのだとか。家の内外から発芽した大豆が出て来たらびっくりしますね。

 

何の豆、撒きますか?

「豆まきの豆は大豆」と書きましたが、私の家では豆まきの豆は「落花生」でした。殻付きのまま投げるので、拾うのも楽ですし、食べるのにも抵抗ありません。味も落花生の方が私は好きでしたから、豆まきに落花生を使う事を驚かれた時には、その驚きに驚きましたが、調べてみたところ、北海道、東北、信越地方、鹿児島、宮崎などでは、落花生を使うのだそうです。
年の数だけ豆を食べる時は、殻付きのままで1つと数えていたので、なるべく2つ入っていそうな落花生を選んで拾っていました(笑)

nuts-1736520_640

落花生もお試しあれ

皆様のお家や地域での豆まき風景はいかがでしょうか?鬼を払い、さっぱりした新春を迎えたいですね。