1月も名古屋出張は2日間です

%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%80%e5%ae%b9%e5%99%a82017年1月の名古屋出張は24日(火)、25日(水)の2日間になります。
24日(火)はアロマヒーリングのみの受け付けになります。
25日(水)はハンドトリートメント、アロマヒーリング、どちらも受け付けています。
どちらも場所は名古屋市内及び近郊となり、具体的な場所についてはご予約のお客様にのみご連絡しています。
現在のところ24日の11:00~16:00の受け付けまでと、25日の16:00~18:00(20:00終了)の受け付けに空席があります。

手相は変わります。特にお子さんは。

手相を習い始めてから、家族や友人など、身近な人の手相はよく見せてもらっています。姪や甥も慣れてきたのか、年齢が小さいわりに比較的じっと手を出していてくれます。
7歳になった姪の手相も、生まれたときから見ているのですが、この休みの間にふと見たところ、少し手相が変わってきているように見えました。サトル先生から、「お子さんは成長に従って変わっていくから、ときどき見ておくといいよ。」と言われていましたので、折に触れ、甥や姪の手相を観ていましたので、とうとうその時が来たかと思いました。

「いつまでもbabyじゃないの」

「いつまでもbabyじゃないの」

よく見せてもらうと、片手の知能線が私が記憶していた形とは、大きく形が変わっていました。両手とも、生命線と知能線がくっついているタイプで全体の形状が私と左右逆に似ている(私の右手と姪の左手、私の左手と姪の右手が似ている)と記憶していたのに、片手が微妙にKY線と呼ばれる離れ型(K海外がY良い)になっていました。その手相の様子が姪の父親(私の弟)に似てきているようでした。
1学年1クラスの学校で、ほとんど保育園時代のお友達ばかり(例えば20人中19人は同じ保育園の同じクラスの子たち)とはいえ、小学校に入り、初めての先生方や、勉強、4年生以上の上級生、行事など、彼女にとっては新鮮な知能への刺激の連続だったのかもしれません。気が付けば、年下のいとこ達にたどたどしいながらも、絵本を読んであげているようにもなっていました。
「…そりゃ、手相くらい変わるよねぇ。」という私に「何が変わったの?」と姪が尋ねてきましたので、手の様子が以前よりお父さんに似てきたことを伝えると、何故か(?)照れたようでした。

大人になると、ここまで大きく手相が変わることもまれですが、線が濃く見えたり薄く見えたり、細かい支線などの増減などは、確認することができます。また、「こうなりたい」という希望があれば、そのような手相に書いてしまうこともテです。
「今さら」といっても始まりません。できることからやりましょう。お手伝いします。

rose-1610932_640