クリスマスの準備、始めていますか?

12月はクリスマスシーズンですね。今年の夏、初めてお邪魔した、長野県の蓼科にある「蓼科高原 バラクライングリッシュガーデン」もクリスマスの飾りつけをして、年に1度のビックバザールを開催するとのことでしたので、今回、お邪魔してみることにしました。

ステキなお庭になってしまうアイテムが満載でした

bench-1421858_640

このような良く見る感じのベンチは見かけませんでした

バラクライングリッシュガーデンでは、様々なテーマのイングリッシュガーデンが楽しめますが、ショップも充実しています。
植物やそれを植える鉢(テラコッタの特に大きなものが目立ちます)はもちろん、見ていると庭に置きたくなるようなベンチやトナカイなどの動物の置物が数多くあります。
ベンチは、公園などのベンチではあまり見ない、重厚感のある厚みが温かみを感じる丸みを帯びたやさしい印象の木製のベンチにとても心惹かれました。しかし、そんなベンチを置けるとしたら実家の庭しかありません。実家の庭を思い出したら、木の幹を囲うように設置できるアルミニウム製のベンチもいいな~、と思いましたが、勝手に買って帰るわけにもいかず、今回はグッと堪えました。
鉢花はシクラメンやポインセチアなどが色鮮やかに咲いていました。花の少なくなる時期に咲く花は、ほっとするような温かみと有り難さを感じますね。クリスマスならではの寄せ植えをされたものもありました。「冬の寄せ植え?」と思いましたが、夏のような派手さはありませんが、じんわりとした温かさを感じる寄せ植えでしたよ。

こだわりは「保存料無添加」

シュトーレンもありましたよ

シュトーレンもありましたよ

バラクラベーカリーでは英国らしいクリスマスケーキ「ヴィクトリアン クリスマスケーキ」があり、お店の方によれば、3週間は日持ちがするのだそうです。1日に何十個(50個とか…)と作っても発送する方に回ってしまったり、このビックバザールのツアーバスでいらっしゃるお客様がバスの中でご注文になるのでそっちにまわってしまうので、店頭にはたくさん並ばないのだそうです。
今回は以前から気になっていたアップルパイを1本購入。今まで食べてきたアップルパイの中では1番好きな味でした。嬉しい出会いです。
こちらのベーカリーは保存料を使っていないというお菓子ばかりで、クッキーなどでも賞味期限が短いものが多いです。しかし(だからこそ?)、甥や姪はここの焼き菓子が大好き。他のデザインが可愛いお土産物のお菓子よりも、こちらのベーカリーの焼き菓子に飛びついてくる(比喩としての表現ではなく、本当に。)様を見ると、子どもの口って正直だなと思います。そして、ここのパウンドケーキも保存料無添加でとても美味しいことは、彼らにはもう少し内緒にしておこうと思っています。

cyclamen-480477_640

蓼科高原バラクライングリッシュガーデンでは通販も受け付けているとのことです。