「悪いキャリアオイルってなんですか?」にお答えします

「キャリアオイルとして避けるべきもの」というものもあります。それは、「鉱物油」「古いもの」「匂いが強すぎるもの」「テンプラ油・サラダ油・大豆油などの食用の油」などが挙げられます。ひとつずつ、理由を説明したいと思います。

「鉱物油」

まず、「鉱物油」です。鉱物油とは、石油からプラスチックやその他工業製品を作った後にでる廃油のことです。ここだけ聞くと体に悪く怖い感じがしますね。この廃油を脱色し、精製して不純物を取り除き、無味無臭にした純度の高い油が人体に使われる「鉱物油」になります。化粧品にも使われていて、「ミネラルオイル」との表示があるかと思いますが、それが鉱物油です。

鉱物油は、皮脂とは全く異なる科学構造をしているので、肌への浸透はありません。肌表面に膜を作り、外部刺激から皮膚を守ることが目的であれば、鉱物油は最も安全性の高い油と言えます。病院などで、傷口の保護を目的にワセリンなどの鉱物油が使われますが、外部刺激から傷のある肌を守るには、劣化せずしっかりと膜を作ってくれる鉱物油は最適なのですね。

doctor-870361_640

医療機関でも使われる鉱物油です。

このように、肌を守るものは良いのですが、肌への浸透がないため、精油を肌の内側へ運んでもらうことができません。そのため、キャリアオイルとしては向いていないのです。

「古いもの」

次に、「古いもの」です。古いものとは酸化しているものです。酸化しているかどうかは匂いで分かります。油臭い匂いがしたら、それはもう酸化しています。「さびない身体をつくろう」などのコピーも良く目にしますが、「酸化=さび」ですから、体内のさびを無くしたいのに、わざわざサビを入れてはいけませんよね。

「匂いが強すぎるもの」

次に「匂いが強すぎるもの」です。どれだけ肌や体に有用な成分が濃くたくさん入っていたとしても、匂いが強すぎることで、リラックスすることができないからです。程度は個人差がありますが、我慢したり耐える必要があっては、アロマやトリートメントの効果は台無しと言っていいでしょう。

「食用油」

そして「テンプラ油・サラダ油・大豆油などの食用の油」です。これは、以前にもお話ししましたが、食用の油に添加されている抗酸化物質によるアレルギーの恐れがあるためです。食用油に添加されている抗酸化物質は、油の酸化反応を抑えるため、油がある程度の期間、美味しく使えるように加えられています。添加されている抗酸化物質も他の食品と同じように、胃や腸で吸収され、肝臓で分解されます。しかし、キャリアオイルとして肌につけてしまうと、その成分が直接、血液やリンパ液に入ってしまうことから、アレルギーが引き起こされる恐れがあるのです。

避けるべき理由を把握しておきましょう

健康や美のための行為が体に害を成さないように、使うモノには気を付けたいですね。

fitness-332278_640

 

残暑の疲れをハンドトリートメントで解消しませんか?お問い合わせはこちらまで。