「陰陽」ってなんでしょうか?怖い話じゃありません。

「陰」とか「陽」などと聞くとどのようなイメージでしょうか。文字のイメージで「陰」は暗い、「陽」は明るい、といった想像はすぐにつくかと思います。中には「陰」=暗い=ネガティブ=よろしくない=あってはならない、という発想に至る方もいらっしゃって、「陰」と聞くと深刻なことと受け取られる方もいらっしゃいますが、そういうことではありませんので安心してください。では、どういうことなのか、簡単に説明していきます。

「陰陽」といえば、こんなマークが有名ですね

「陰陽」といえば、こんなマークが有名ですね

 

「陰」も必要、「陽」も必要

「陰陽(いんよう)」はホームページ上でも解説しています通り、相反する性質を持つ陰・陽2種の気のことで、「昼・明るい・拡張・上昇・乾燥」などは「陽」の気「夜・暗い・凝固・下降・湿気」などは「陰」の気、といったように万物は陰陽に分けられます。

陰陽はどちらか一方のみでは存在できず、切り離すことができません。また、季節によって昼夜の時間が長くなったり短くなったりするように、陰陽の関係は流動的なものです。

このように、陰陽は分離することはできず、補い合う関係であっても、根本の性質においては、「陰」と「陽」は異なるものです。「陰」は原料や本質があり「陽」は形体がなく、非物質的です。「陰」は物質化し固まる方向、「陽」は非物質的で動く方向へ向かう、ということですね。

例えば水なら通常の「水」の状態は「陰」ですが温められて蒸発している状態は「陽」です。そして上空で冷やされて雲になり雨となって降ってくることは「陰」だということです。

nature-659932_640

大事なのはバランスです

自然の一部である人間の心と体も陰陽に分けられます。血液や体液などの体内の水分、冷えや抑制する機能などは「陰」に、エネルギーや器官の働き、熱や興奮させる機能などは「陽」に分けられます。

人間の体はこれら陰陽のバランスが崩れると体調が悪くなります。

「陰」が不足した時には「陰虚」といって、心身の過労や老化により微熱やほてり感が現れます。「陽」が不足したときには「陽虚」といってカロリー不足で全身が冷え、気力や体力の低下などが症状として現れます。「陰虚」の場合は「陰」を補い、「陽虚」の場合は「陽」を補うことで、不調は改善されます。

精油も陰陽に分けられることから、「陰虚」の時にはフランキンセンス・パルマローザ・ゼラニウムなどの陰の性質の精油を、「陽虚」の時にはティーツリー・ジュニパーベリー・フェンネルなどの陽の性質の精油を、芳香浴やトリートメント、入浴などに利用するのもおススメです。

ジュニパーベリーです

ジュニパーベリーです