出会い、交際、結婚、その先も頼りになります

「CLASSY.」7月号が発売になりました。「3stepsで叶える 理想の出会い~結婚へ」という特集でユニバーサル中心コンサルティングの結婚相談所「Save tha Date」が紹介されています。

EPSON MFP image

こちらはとても画期的なコンサルティングで、お相手の紹介、交際、交際中のフォローアップはもちろんのこと、その人の魅力が本当に発揮される色やメイクを見てもらえたり、式が決まればこの先の結婚生活が上手くいくよう、いい日取りを吉日選定で見てもらえたり、ハネムーン先や新居の四柱推命や風水としてのアドバイスが得られるなど他ではちょっと聞いたことのないサービスがそろっています。

サトル先生、一恵先生のパワーの強さもそうですが、「Save tha Date」担当の江里さんは情が深く涙もろい美魔女?で、恋愛・結婚のパワーの強い方です(笑。健康と美の秘訣は、運命の人と出会う前はもちろん、結婚後の生活にも役立ちますね。

ヒカリノモトも婚活に取り組む皆さんの、心のケアを中心にお手伝いさせていただきます。もちろん婚活以外でも「勇気が欲しい人」「なんだか疲れちゃった人」「どうしたらいいか迷っちゃてる人」などなど、アロマの力で改善をお手伝いさせていただいておりますよ。

香りは脳に働きかけます

香りは脳に働きかけます

 

騙されてはいけない「脳」の働き

人は不安になるとつい「これは自分には向かないのでは?」「自分には無理なのでは?」などと考えがちです。そして「だってかつて○○は失敗だったし」「これまで上手くいった試しがないし」などと、一見もっともそうな過去のデータを引っ張り出してきます。脳は未知の幸せより、苦しい現状に適応していくのが得意なんだそうです。だから脳が心を納得させようとしているのですね。「そもそも私は○○をするべき人間ではないのだ。」と。でもそのデータはだいたい正しくないものです。

「決めつけ、誇張、見落とし、過度の一般化、誤った価値観」など、「ベイシック・ミステイクス」と呼ばれるものです。好きになった人がたまたま2人続けて既婚者だった時「好きになる人はみんな既婚者なの」とか「結婚なんて望んではいけない人間なのだ」などという方がいましたが、典型的なベイシック・ミステイクスですね。たった2人の例だけで決めつけてしまうのは得策ではありません。「この世界に私なんかを好きになる人がいるわけがない」なんて言った人もいましたが、ここまでくるとベイシック・ミステイクスというより「被害妄想」ですね。

私たちは皆、選んだ道しか進めません。「○○をする・しない」の選択で「する」を選べばその結果は体験できますが、「しない」の結果は推測でしかありません。その逆もそうですね。「しない」を選べばその結果は体験できますが、「する」の結果は推測です。なのに物事の成果によっては「推測」の方が重視されてしまうことがあります。「こんなことならやらなきゃよかった。」または「やっとけばよかった」などですね。でも「推測」は知らない事は推測できませんよね。自分のこれまでの経験から導き出されるものなので、「本当にそうなったか」とは別物ですから、「選ばなかった方の結果としての推測」に固執することは、あまり有益とは言えませんよね。

children-817365_640

「どうしたい」のか「どうなりたい」のか、アロマがお手伝いします

「選ぶ」時に一番いいのは「自分がどうしたいか」です。「相手がどう思うか」を基準に選ぶのは、一見相手を思いやってるように見えますが、最終的に良い結果を生みません。自分がどうしたいかで選ぶなんてわがままなようにも見えるかもしれません。でもそれ以上に自分の人生に責任が持てる選択方法もありません。なので例えばあなたが幸せな結婚をすると決めればそうなります。私たちのバックアップは強力ですから。そしてアロマの天然の芳香成分は不安な気持ち、進むべき一歩にそっと寄り添って応援してくれますよ。

couple-1343944_640