「ティーバッグって美味しさがいまいち…」と言いながら友人が急須で緑茶を淹れてくれました。その緑茶を美味しくいただきながら聞いてみると「ティーバッグのお茶(主に紅茶)はだいたい渋い」とのこと。友人は紅茶が嫌いという訳では無く、むしろ美味しい紅茶がある喫茶店などを見つけてくる人です。「やっぱりお茶は葉っぱよね」と言い「でもスーパーには紅茶はティーバッグしかない」と嘆いていました。

よくよく話を聞いてみて発見しました。ティーバッグでお茶を淹れるときの手順です。

まずはカップを温めます。そして次にティーバッグを入れてからお湯を注ぎました。これが友人が感じた渋さの原因でした。ティーバッグの中身の茶葉は細かくなっていることが多く、先にティーバッグを入れてしまうとお湯が葉を叩く状態になり、渋さが出やすくなってしまうようです。

お湯を入れてからティーバッグを入れ蓋をして蒸らす、そして静かにティーバッグを引き上げる。この手順で淹れた紅茶は美味しかったようです。ほんの少しの違いの中にも思い込みはあるのだと知らせてくれたティーバッグでした。

ティータイムのお茶はリラックス効果のあるものを

ティータイムのお茶はリラックス効果のあるものを